1949年の湯川博士の受賞以降、1999年までのノーベル賞受賞者は50年間でたった8人でしたが、2000年以降のノーベル賞受賞者が、僅か16年間でなんと16人にもなりました。
それは、どうしてなのでしょうか。

 しかし、この連続受賞も後10年持たないかも知れません。
それは、詰め込み教育世代から次の世代へと移行するからです。


 1958年、GHQの指導の下の戦後教育と呼ばれた新教育が終わります。
この年に、日本古来の躾(しつけ)等を重視した道徳教育が生まれました。

 世界の先進諸国に遅れをとっていた日本は、科学教育を重視する「学習指導要領」が生まれます。
アメリカ統治の植民地教育のような戦後教育を止め、今までの付属的参考程度の教えから、強制力のある教育制度になりました。

 十年後の1968年になると、科学や化学、物理等を中心にしたカリキュラムが導入されます。
この分野(科学、化学、物理、数学)では、質も量も覚えなければ成らない事が圧倒的に増えて行く事になるのでした。
1992年の教育改革に至るまでこの教えは続きます。
1984年に、アメリカ式大学入学システムを目指した当時の中曽根康弘首相の主導で公布された臨時教育審議会設置法でしたが、日教組や詰め込み教育を好く思わない人達によって出来てしまった1992年のこの改革で、詰め込み教育は終焉の道をたどる事になるのでした。

 ちょうどこの詰め込み教育を受けた人達が、1946年生まれから1986年生まれになります。
そして、この詰め込み教育を大きく受けた世代は1955年生まれから1972年生まれと云う事になるでしょう。
更に、この教育を最大に受けた世代が1959年生まれから1962年生まれなのです。

 2002年、週五日制や教育内容を三割削減し、総合的学習の時間等が新設され、多くの子供達を常識知らずとか無知と揶揄(やゆ)されるゆとり教育が始まりました。

 最大に詰め込み教育を受けた時の一部の教科書の厚みが、ゆとり教育世代の教科書の5倍近くあった事は、語り草となりそうです。

 詰め込み教育によって、勉強についていけない児童・生徒が増加し、それらの生徒達を馬鹿にするなどのいじめが横行したり、馬鹿にされたりいじめられた生徒達が校内暴力などを起こす事件が多発した事により、詰め込み教育の弊害とされてしまいました。

 実際は、マスメディアを中心とした共産思想の人達が、子供なのに遊ぶ時間も惜しんでいる姿が子供らしくないし可哀相だと宣伝します。
落ちこぼれとされる子供達をけしかける番組作りや、勉強一筋の子供をガリ勉と揶揄して馬鹿にする番組作りをして行きました。

のgooの中で、いくつかのブログが荒らされている被害が頻発した時です學生交流
 その時、読者登録してくださった方をすべて断りもなく解除しました。

 ブログ荒らしの被害が、読者の方へ波及してはいけないと思ったからです。
 読者はゼロとなりました。
 そこでブログをとじようと思ったのですが、対処の仕方を教えてくださる方がいて、不届きものを遮断することができました。
 
 それ以後、またここを再開いたしました熱石按摩
 懲りずに、また読者登録してくださった方々に、深くお礼を申し上げます。
 無断で、解除してしまい、大変申し訳ありませんでした。

 再開した当初、この件を書きましたが、読者登録解除について、誤解をしている方がいるようなので
 あらためて、お詫びとともに、事の成り行きを説明させていただきます。
 皆様に非などひとつもありません。
 解除したのは、ただひたすら、皆様方のブログにこの不届きな「ブログ荒らし」が被害を及ばさないためです。
どうぞ誤解なきようお願いいたします。
 言葉足らずだったり、自分だけでわかったような文を書く事がありますが、悪意にとったり、
詮索したりせず、どうぞ温かい目でこのブログとブログ主の私をみていただけないでしょうか?
 
 ブログを10年以上続けてまいりましたが、その間、いろいろなことがありました隆胸
 10年間ずっとここの読者になってくださっている方は、小さかったお子さんがお嫁に行ったり、お子さんをなくされた方に、ひょっこりまたお子さんがおできになったりと、喜ばしいニュースに嬉し泣きしたものです。


 昨日は、しっかりと歩いた。 2時間以上かなぁ心よい疲れでし
たが、まだ、残ってしまってる朝です。 街の中の風景をみつつ岩鹽好處
家族連れが歩いておられ、だいぶ、後に4歳くらいの男の子がね。
店内改装工事してるおじさんを見て、不思議に思ったのでしょう。
「何してんの?」 その子は声をかけ、慌てて自分に驚いたように、
両親の方へとことこ走っていき 数人でやっておられた一人が優し
そうな笑顔で、見送るように見ておられ、微笑ましい光景でした。
 幼児っていいね。 そうやってあちこち興味のあるものを見る。
 ああやって魅かれて見詰めて育っていくのでしょう。 声をかけ
たものの返事も聞けず、ついて走り 家族の後を追いかけてゆく許智政
 なんか急に恥ずかしくなったように思われたのよ。ちいちゃくて
可愛いらしい子どもの一瞬。 微笑ましいわ。 あの子の心のう
ちは分からないけれど・・・ね。

         小さい子ども

      おうちの中の店内で、脚立にのっての工事に  きっと
      それが何をしてるんだろうな・・・可愛い男の子
 
      その幼児 ちょっと 立ち止まり 小さな声で
      「なにしてんの」 と キョトンし言っている

      おじさんが優しい笑顔で笑っていた
      その子 自分で自分に びっくりしたのかしらん許智政

      ご両親は前を見てる 知らない みていない
      そんな一瞬 ほんの 人コマ

      その子が走て去った その後ろ姿を見ながら
      どうぞ いいことにいっぱい出会い大きくなってね

      みんな みんな そうやって 大きくなる
      どんなことからも 智慧をつけて 賢くなる

↑このページのトップヘ